お尻の黒ずみは化粧品で解決!若々しい綺麗な肌計画

女の人

清潔に保つこと

スキンケア

顔だけでない

ニキビは顔にできるのが一般的です。しかし、ニキビができるのは顔だけではありません。体中のあらゆる場所にできます。もちろんお尻も例外ではありません。ニキビができる理由は、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖するためです。皮脂の分泌が多い場所ほどニキビができやすいのです。しかしお尻は乾燥していることが多いと思われがちですが、実はアクネ菌が発生しやすい場所でもあるのです。座っている間は体重は腰とお尻で支えていることになります。肌の刺激が強く毛穴をふさぎやすい環境にあるのです。そのためアクネ菌の温床にもなりやすくニキビができやすくなるのです。ムレやすくほかの場所より清潔に保つのが難しいのも要因です。

できないように予防

お尻にニキビができると座るたびに痛くなってしまいます。座っている時間が長い仕事ほど治りにくいのです。できてしまった場合の対処方法ですが、つぶさないことです。極力刺激を与えずに清潔に保つことで自然治癒を目指します。もちろん医師の診断の元行うのがベストですが、座る場合などの姿勢などにも気を付けるのがベストです。できてしまった場合には座るたびに苦痛になるなど木になって仕方ありません。そのためできないように予防することが大事です。まず清潔に保つことです。下着を取り替えたり通気性の良い下着にするなどです。そしてニキビの成分である皮脂の過剰分泌を防ぐことです。これにはストレスが大きく関わっているためストレスを与えないような生活が大事です。